Marble Chocolate TOKYOエアポート ~東京空港管制保安部~ 忍者ブログ
2017/07/25 (Tue)17:50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/10/14 (Sun)22:18
#1「空を操る航空管制官、空中衝突を回避せよ!」
新任管制官の篠田香織(深田恭子)は、初出勤を翌日に控え、挨拶と下見を兼ねて羽田空港へ向かっていた。
途中のモノレールで、スマイルサポートの札を付けた少年・渡辺健太(土師野隆之介)を見かけた香織は、グランドスタッフだった頃の知識と行動力を生かして手際よく健太を搭乗口まで送り届けた。
管制塔にやってきた香織が、忙しく働く先輩管制官たちの様子を眺めつつ主幹管制官の結城昇(時任三郎)と話していると、にわかに室内が騒がしくなった。
離陸したばかりの飛行機のエンジン内に鳥が巻き込まれた可能性があるという。

いろいろツッコミが多いドラマでした。
あとわかりにくいところもあったなぁ。
誘導する際、わかりやすい図とかいれてくれたら良かった。
って作る側からしてみたら、そこまでちゃんと理解しなくてもいいのかもしれないが…。

まずこのドラマを見て思ったのは、このドラマの管制官たちはチームワークがないよね。
香織の失敗、確かに香織のせいかもしれないけど、あのチームワークの悪さを見ていると

香織だけの問題じゃないだろ??

って感じちゃったよ。
命が懸っているところで、あんなの見せられたら、あの管制官が支持している飛行機には乗りたくないわぁーって、めっさ感じてしまいましたよ。

香織が管制官になった理由は、あの足が不自由な男の存在だよね。
管制塔のミスで、あんな風になってしまったのかな?
そこんとこ気になるけど、1話を見る限りでは完走できそうにないなぁ。
でも管制官ってっキビキビしたイメージがあり、観る前だと深キョンにはイメージが違うなぁと感じてたけど、思っていたよりもしっかりしてて見てて安心感を感じたので、そこは好感が持てたかな。
PR
   HOME   
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Admin / Write
忍者ブログ [PR]
QLOOKアクセス解析