Marble Chocolate 陽だまりの樹 忍者ブログ
2017/11/23 (Thu)06:46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/10/29 (Mon)16:56
#12「獅子たちの旅立ち」
重役たちを斬ってでも幕府政権を建て直そうと考える万二郎(市原隼人)だったが、江戸城が新政府軍に明け渡されその計略はとん挫した。
綾(大塚千弘)は万二郎の看病のおかげで意識を取り戻し、その様子を見た良仙(成宮寛貴)が二人を結婚させようと言い出す。
だが祝言の夜、万二郎は夫婦になったばかりの綾に離縁状を渡し、上野の彰義隊に加わって最後まで幕府のために戦うと言い残し家を飛び出した…。



「陽だまりの樹」最終話。

大政奉還後、万二郎は幕府軍として戦い抜いた。
綾と婚約後、すぐに離縁状を突きつけて戦いに行ってしまった万二郎だけどさ、なんで喜ばせておいて地獄に突き落とすわけ?
万二郎の妻になりたいという綾の願いを叶えてあげたかったからなんだろうけど、綾は万二郎と結婚したいのではなく、一緒に生きていきたいんでしょ?!
万二郎、バカだなー。

万二郎は上野の山の戦いで死んだことになっていたけど、実は死んでなかったみたいね。
その後も新政府軍と戦い続けているんだろう、きっと帰ってくるはず、と綾たち家族は待ち続けているけど、エンディングで万二郎は刀を置いて歩いて行ったよね?
生きて戻ってこれたのかな??
戻って来てくれるといいんだけど。

できれば万二郎と綾には、ちゃんと幸せになっている姿を見たかったなぁ。
ドラマは万二郎、良庵のふたりの男の生きざまを描いていて、すごく内容が濃く、良かったです。
満足でした!
PR
   HOME   
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Admin / Write
忍者ブログ [PR]
QLOOKアクセス解析